ヤンマー EX33A 7月発売

今朝の日経によると、ヤンマーが7月にプレジャー性の強い33Fボートを出すようです。(横浜ボートショーで試作艇がでてるようだが。)

 

つり機能を優先すれば、どうしても犠牲になるのが居住性。

いままでのヤンマー船のイメージは、どうしてもまずは”つり”というのがあって、漁船タイプ>レジャーボートというイメージでしたが、奥さんや子供さんづれでどうぞ!という方向にいってるのか?

景気の悪い今、「えぇ~ボート買うより車にしようよ」という家族(奥さん?)の意見を変えるには、やはり、家族が一緒に遊べるようなボートを出そうというのは当然ですね。

女性を意識してのトイレルームの設置など、これまでのヤンマーのスタンスとはちょっと違うような?

去年ヤマハからでたFR32と似たようなスタンスですね。(形も酷似・・・)

かなり意識したつくりになってると思われます。

ただ、価格がヤマハのFR32が1600万~なのに対して、2000万~というのはどうなのかな?

まぁ、32もLXは2200万なので、標準装備の違いを比較検討してみないと単純にはくらべられないですが。

 

どちらにしても、2大メーカーが競っていいものを安くつくってくれるのは大歓迎です。

 

そういえば・・

ヤン坊、マー坊は50歳だそうで・・おめでとうございます!(笑)

前の記事

朝晩の気温差が・・

次の記事

免許受講者減